<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春到来。

家の前は空き地になっていて、
柿や栗、夏ミカンが植わっている畑になっているが
そこは春の到来を告げる花畑でもある。
たんぽぽ、いぬふぐり、ほとけのざ、
みな子供の頃を思い出すお花ばかり。
童心に帰って、写真を撮ってみた。
b0068217_14414143.jpgb0068217_14414996.jpg
b0068217_14415989.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2006-03-20 14:42 | その他のお花

あれれ?

球根って普通は、植えっぱなしでもOKという考え方でした。
特にスイセンなんかは植えっぱなしでどんどん株が大きくなると思っていたけど、
一昨年秋に植えて去年咲いた球根の花が貧相だったり、
色がどんどん淘汰されていくことに寂しさを感じます(泣。
クロッカスは色んな色を植えたのに
今年咲いたのは結局その中のブルーだけ。
スイセン「アイスキング」は
八重咲きなのにほとんど一重。
あれれ?肥料が足りなかったのかしら?
地植えにしていれば大丈夫なのかしら?
我が家では球根類を地植えにしていないのです。
なぜかと言うと、咲いている時間が短いので
咲いている時だけ前庭に出して、その他の時はバックヤードでお休み。
そんなふうだから貧相になるのかな?
誰か教えて!
写真の左は今年のアイスキング、右は去年のアイスキング。
あきらかに違う品種です。(泣
b0068217_1126229.jpgb0068217_11263531.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2006-03-17 11:27 | 球根

復活の庭。

今回の冬の寒さは異常だった。
それはもう考えられないくらい寒くて、毎日霜柱が5センチも上がり、
鉢植えにしてあるビオラ達は焼き菓子の「スフレ」のように
毎日持ち上がり、萎んで
根っこは相当痛んでいるに違い無い。
地上部も凍っては解ける毎日だったので
チリチリに枯れ、もう可哀想で・・・・。
暖地であるこの辺りでは考えられないダメージを受け、
ビオラは相当恨んでいるに違い無い。

そんなビオラ達も、やっと暖かくなり
ちょっとこんもり繁って来た様子。
写真は以前撮ったものも含まれているけど
とりあえず今年の春を装ってくれる我が家のビオラ達を紹介。
b0068217_1522764.jpgb0068217_1522155.jpg
b0068217_15222611.jpgb0068217_15223427.jpg
b0068217_15224197.jpgb0068217_15224893.jpg
b0068217_1522551.jpgb0068217_1523317.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2006-03-14 15:27 | 一年草