カテゴリ:ゼラニウム( 6 )

暑苦しい。

あんなに気に入っていた玄関先のゼラニウム、最近暑苦しくなって来ました。
雨の季節になると特に。
ゼラって花が散るのがとても早いし、その花びらがあちこちに飛んで
その上花殻も取ってやらないと行けないし。
一番の暑苦しさはやっぱり色かなあ。
白いものだけだと良かったのに、オレンジやショッキングピンクなんかもあって
とっても暑い。暑苦しい。
なんでこんなになったかと言うと、肥料をたくさん与えたから。
春先、まだつぼみも着いていない頃、
「ゼラニウム専用肥料」をたくさんあげた。
天敵の黄金虫幼虫に対する対策も万全にした。
すると・・・・写真の通り、とっても派手で暑苦しいものになった。
悲しい…報われたのに悲しい。
どうしようも無いので、しばらくして葉っぱだけになったら
今度は少し肥料を控えてみることにする。

それに比べて、裏庭の涼しげな事。
植わって入る量からしたら充分暑苦しいですが。
b0068217_17573295.jpg
b0068217_17575471.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-06-04 17:58 | ゼラニウム

ゼラニウムの誘惑。

最近、「もうフウロソウ科だけの収集をしよう」と心に決めている。
我が家を彩るいろんな花々が有る。特にバラ、フクシア、ゲラニウムなどは他の植物に比べて沢山集めていた。
今日もお友達と話していて、我が家の庭の話になったが、
前庭は表を行く人に見てもらう為の、文字どおり「表向け」のガーデニング、
裏庭は自分の欲望だけを満たす「マニアな庭」、
まるで私の性格に表裏があるがごとく、使い分けているのだ。
なので、前庭はこれからもずっと今のような華やかな庭としてきれいにしていくことだろう。
裏庭はどんどんマニアのカオスに埋もれて行く。(笑

バラ、フクシア、キライになったわけではない。
今でも大好きだし、花が咲くととても嬉しい。
が、もうこれ以上はいらないのだ。飽和状態なのだ。
なので、減っていくのは仕方が無い。枯れてさようならになる。

「フウロソウ園芸家」、これになることに心の中で決めている。

写真は私のオフィシャルな面を表す、前庭。
b0068217_19172865.jpg
b0068217_19173940.jpg
b0068217_1917535.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-04-19 19:14 | ゼラニウム

また買ってしまった…。

ゼラニウム、どうやら本格的なハマり様です。
前から大好きなんですが、春になりつつある今日この頃、
ゼラニウムにしか目が行きません。
そしてとうとう、欲しかった物をゲットしてしまいました。
1.深紅のペラルゴニウム
2.ファイアーワークス ライトピンク
3.アイビーゼラニウム 限り無く白に近いもの

ああ、一気に手に入れた後の空しさ・・・。

ペラルゴニウムも前々から気になっていて、
やっと初めての物を手に入れた喜びはもうそれはすごい…。
しかし、これもハマると決して安価な物ではないので、
財布が苦しい私としてはココで止めておきたい所です。

b0068217_23475325.jpg
b0068217_2349133.jpg

b0068217_23503956.jpg

[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-02-27 23:52 | ゼラニウム

またまた新しいお友達。

昨日の日曜日、久々に西尾憩いの農園に行って来ました。
そしたら今日月曜日から一週間、改装だそうで、
売っている花々がとってもお値打ちになってました!(嬉
そこで、前に高くて手が出なかったアイビーゼラニウムを購入。
なんでもドイツのデュメン社製の「RED FOX」というシリーズだそうな。
八重のアイビーゼラニウムは初めてかも。
とても濃いワインレッドで、もうむっちゃ気に入ってます。
たくさん蕾もついてるし、とりあえず家の中で春を待たせる予定。
こうして新しいお友達が増える時期になって来たなあ・・・。b0068217_23391334.jpg
b0068217_23394317.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-02-21 23:39 | ゼラニウム

凝り性なんです。

この時期になると、園芸ノートをきっちり付けている。
毎日の作業内容や育てている植物の品種、
いろんな出来事などを書き残すようにしている。
何故そんなことをするかというと、忘れっぽいからだ。
この花はいつ植えたものなのか?
どこで買ったものなのか?
これは何なのか?
本当に覚えが悪く、名前なんて絶対ノートを見ないと出て来ない。
なので書き残している。

去年のノートを見ていると、その頃何に一生懸命になっていたかがわかって面白い。
来年の今頃、また面白く見るために。

写真は今年の春、種で植えたゼラニウム「マーヴェリック・スター」です。
b0068217_1920594.jpg

[PR]
by yukko.kero.kero | 2004-11-23 19:20 | ゼラニウム

真っ赤なゼラ。

先日豊橋に言った際、赤岩口にあるアイエスにて
こんなフレーズのゼラニウムを¥880で購入。
「ゾナルとアイビーゼラから生まれた新しいタイプのゼラニューム」
『カリエンテ』
???確かに葉っぱはアイビーっぽく、少しつやがあって毛深い。
しかし樹型はゾナルに近く、少し支えが必要だがしっかり立っている。
・・・いろんなお花が人の手によって造り出されているのね。

前庭正面から見て左手は宿根草&ジャーマンアイリスゾーン、
右手はバラと手前に一年草を植えるレイアウトになっているが、
私自身は基本的に宿根草が大好きだ。
とりあえず、毎年咲いてくれるからお得なカンジ。
しかし一年草も侮れない。
何と言っても宿根草に無い華やかさが有る。
徒長したり、花が汚くなれば抜いて更新できる。
安い。(←これが高かったら寂しい。)
なので毎年5月と10月、年に二回だけ植え替えをする。
基本的に花期の長い物、手間のかからないものを選んでいるが、
今の所成功しているようだ。
10月から5月の冬/春はビオラ・パンジーメイン。
5月から9月の初夏/梅雨/夏はペチュニアなどの暑さに強い花をメイン。
カラーテーマは毎年決めているが、夏はやはり涼し気な色が基本。
毎日庭仕事をノートに日記として書いて、植える花の配置や種類を書き残している。

ああ、真面目に取り組んでいるなあ。(サティスファクションの境地)

写真は話題のハイブリッドゼラニウム、『カリエンテ』。
クリスマスにぴったりの真紅のお花です。
b0068217_20104399.jpg

[PR]
by yukko.kero.kero | 2004-11-22 20:10 | ゼラニウム