カテゴリ:ペラルゴニウム( 2 )

いただきもの。

先日、お花友達のtakachanが実にたくさんのセンテッドゼラニウムを持って遊びに来てくれた。
もう小躍り!嬉しい!持って無かった品種を実にたくさんいただいた。
・チョコレートペパーミント
・スノーフレーク
・ミセスキングスリー
・レディマリー
・ココナッツバリエガタ
・ゴールデンナツメグ
・レッドカプリ
・ライム
・リリアンポッテンジャー
・ジンジャー
・ピーコック
・スワールベルグ
・ラデュラ
ゼラニウムも。
・レッドランブラー
・ミルフィーユローズ
・スタンディングレッド
・エキゾチックホワイト

いっぺんに品種が増え、覚え切れないのでまず書き残し。
takachanありがとう!大切に育てます。
b0068217_9385977.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-07-05 09:39 | ペラルゴニウム

ペラゼラゲラ。

前々から気になっていた。
ゲラニウムはほとんどが北半球原産の植物。
同じフウロソウ科のペラルゴニウム(正確にはゾナルゼラニウムもペラルゴニウム)は
南アフリカ原産のモノがとても多い。
何故同じ科の植物なのに、そんなに変化したのか?
とても気になる。
日本にはその事を丁寧に解説してくれる本が無いようだ。
ネットで調べても、日本には月子さんのHP以外に詳しく書いているページは無い。
知りたい。そしてペラにハマってみたい。
そんな時、うもーりーさんで何種類かペラが入荷された。
これを期に、ペラにハマってみる事にする。

ペラルゴニウムと一言で言っても、もうそれは凄い種類が有って、
一般に売られている華やかなアザレアのような花を咲かせるのは園芸品種。
リーガルペラルゴニウムとか、エンジェルとか呼ばれている。
私がハマってみたいのは、原種。(笑
地中に芋が出来て、南アフリカの原住民の皆さんはこれを食べるらしい。
一般に出回る事はほとんど無く、多肉植物の扱いをされていたりもする。
手に入らないと、余計欲しくなるのがマニアの性。
だれかこの記事にトラックバックをかけてくれないかしら?(笑b0068217_12113721.jpg
[PR]
by yukko.kero.kero | 2005-04-12 12:10 | ペラルゴニウム